フラワー心理セラピーとは、花に触れることで自らのこころを開放し、癒そうとする心理療法のひとつです。
  • フラワー心理セラピスト養成講座案内
  • 子ども花育インストラクター養成講座案内
  • 活躍の場・認定校・サポート体制
  • 修了生の声
  • Q&A
  • 講師紹介
  • 体験レッスン&説明会日程
  • 開講日程
  • 花と心の学校

BLOG 芙和せらからのメッセージ

大阪梅田校
TEL:0120-905-263
Eメール:heart@h-step.org
名古屋校
TEL:0120-905-263
Eメール:heart@h-step.org

Heart Step College ハートステップカレッジ

フラワー心理セラピーページの先頭にもどる

フラワー心理セラピー花の心理学

花を使った芸術療法 フラワー心理セラピー

フラワーセラピー(フラワー心理セラピー)とは、花をつかった芸術療法です。花の色彩心理、アロマテラピー、フラワーアレンジメントと臨床心理学を統合したユニークなセラピー法(花セラピー)。ハートステップ・カレッジの花講座で学び、セラピスト資格を取得したフラワーセラピスト(フラワーハートセラピスト、花セラピスト)は、自由にアレンジした花から心理分析することができる他、心身を整えるために効果のある花を生活に採り入れることを提案しています。花には色があり、香りがあり、形があります。それぞれが持つ良い部分を最大限に活かし、セラピーの心理学をベースに置いたフラワーセラピー(フラワー心理セラピー)は、主宰「芙和せら」が考案し、1989年から実際に行っているセラピー法です。心理カウンセラー出身の芙和せらが、セラピーの場面にフレッシュな花を取り入れ、臨床を重ねて作り上げたものです。心理学をきちんと取り入れフレッシュな花を使ったフラワーセラピーは、フローリストや花屋さんなど花の仕事現場から、フラワースクールなどのお花の学校ではもちろんのこと、心療内科や福祉施設、子どもの心育ての活動「花育」として教育現場や地域環境の取り組み、育児・家庭・職場など幅広い方面で注目されています。

※特許庁でも知的財産として認められています。

※子どもの心育て「花育」についての詳細は「子ども花育インストラクター養成講座案内」のページをご覧下さい。

フラワー心理セラピー講座の特長

詳しくはこちら

フラワー心理セラピーで活躍の場が広がります!

フラワー心理セラピーの詳しくはこちら

芙和 せら

BLOG 芙和せらからのメッセージ

Message from 芙和 せら

暮らしの中にもっと花を取り入れて自分を癒し、幸せになってほしいと願っています。

フラワーセラピー(フラワー心理セラピー、花セラピー)は、花に触れていると、『私自身がリラックスできるので、クライエントさんもそうなのでは?』と思い、芸術療法(絵を描いたり、粘土細工や、音を出すなどの自己表現によって自分を癒す療法)の一環として、心理カウンセリングに取り入れたのがきっかけでした。最初のころは、クライエントさんに自由にアレンジしてもらっていました。するとある心理状態の時に使う花や花の組み合わせが共通することに気づきました。私は心理カウンセラーですので、色々な花セラピーのデータを集めるうちに、完成した作品をみて心理分析ができることも、またどんな花を選んだら、どんな気持ちになってもらえるのかもわかってきました。これらのカウンセリングとしての実践から臨床心理学をベースに、色彩心理とアロマテラピー・アレンジメントを統合したのが「芙和せらのフラワー心理セラピー」(フラワーセラピー、花セラピー)であり、ハートステップ・カレッジの花講座で学び取得できるセラピスト資格なのです。ぜひ皆さんも、暮らしの中にもっと花を取り入れて自分を癒し、幸せになってほしいと願っています。

フラワーセラピーの資格・役割
フラワー心理セラピスト(スーパーバイザー)
シニア産業カウンセラー(一般社団法人産業カウンセラー協会認定)
芸術療法士(日本芸術療法学会認定)
プロフェッショナル心理カウンセラー上級(社団法人全国心理業連合会認定)

芙和せらのフラワー心理セラピー

授業風景や教材などフラワー心理セラピスト養成講座を動画でご紹介。